現役大学生から転職を考えている社会人まで、国家公務員を目指す専門学校に通う人は様々な人がいます。国家公務員試験も職種別に高卒者、大卒者、社会人経験者とそれぞれ別枠で募集をします。幅広く人材を募っているわけです。ですので、予備校はそのように一人一人の事情に合わせてサポートする体制が整っています。日中は学校や仕事をしていて昼間に専門学校に通うことが難しい人に向けて、夜間コースを開講しているところもあります。あなたの生活スタイルに合わせて試験対策を進めることが出来ます。

費用気になる費用ですが、一体どれほどかかるのでしょうか。一年間通うとなると最低でも30万円以上は覚悟しておいてください。自分の不得意科目のみを選択するという方法では数万円程度に抑えることもできますが、初めて試験対策をする人ですと、やはりそれくらいかかってきます。しかし、その学費を払うことによって筆記試験の知識、面接・履歴書の指導、仲間との情報共有など試験に必要な全ての面からサポートを受けることができるのです。費用対効果は確かなものだと言えます。ちなみにこの「費用対効果」と言う用語は、実際に公務員試験の経済学で登場する用語です。こういった普段あまり使わない言葉を一人で学習していくことは億劫ですよね。こう考えると決して高くはないと言えるでしょう。